カーディ・B、新曲「Up」はギャングスタを意識?「前の曲はセクシーすぎた」

ニュース

カーディ・B(Cardi B)が新曲「Up」をリリース。セクシーなリリックで話題をかっさらった「WAP」から一転して、ギャングスタ風の作品にしたかったと語った。

「上がって、上がって、上がって、止まる」とラップする「Up」。Tanu Muinoが監督したミュージックビデオは、我が道を行くカーディ・Bらしいゴージャスかつポップな仕上がり。2020年に別れを告げて、さらに上を目指すカーディ・Bの勢いを感じさせる1曲となった。

シカゴ・ドリルにインスパイアされた「Up」について、カーディ・Bは「上がったら、そこで止まる。それがこの曲でやりたかったこと」と話しており、「前の曲はセクシーすぎたから、“フッド”寄りにしたくて。もっとギャングスタっぽい生意気な感じを出したかった」と曲に込めた意図を明かした。

「Up」は大ヒットした「WAP」とともに、2018年の『Invasion of Privacy』に続くセカンドアルバムに収録されると予想されている。カーディ・Bは2月1日に「Up」のカバーアートをソーシャルメディアに投稿。また応援するファンに向けて感謝のツイートを連投していた。

タイトルとURLをコピーしました