(2/4追記)ロスタム「These Kids We Knew」は温暖化がテーマ 前日にはヴァンパイア・ウィークエンド新曲も

ニュース

元ヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)のロスタム(Rostam)が2日、新曲「These Kids We Knew」をリリース。気候変動について歌っている。

「These Kids We Knew」を書いたのは昨年の3月。「第2週だったけど、COVID-19から回復している途中で、熱でもうろうとした状態だった」。ロスタムによると「3つの世代について考えていた。ひとつは大人世代で、彼らは温暖化を自分たちの問題だと思ってない。なぜなら自分たちは影響を受けないと考えているから。それから僕より若い世代がいる。彼らは間違いなくこれから起きることに対処しなきゃならない」とのこと。

歌詞は「若い世代が大人たちを逮捕して、世界中のストリートに設置された裁判所で裁く、という一種のファンタジーを歌ってるんだ。言ってみれば『歩道裁判所』ってとこかな」とロスタム。「僕たちは少しずつ地球を元の姿に戻さなければ」という一節もあり、将来世代からのメッセージとなっている。

2月1日にはヴァンパイア・ウィークエンドも新作『40:42』を1日限定で公開(2月4日から配信リリース)。こちらは、アルバム『Fathers of the Bride』収録曲「2021」にサム・ゲンデル(Sam Gendel)とGooseがそれぞれ参加した20分21秒のエクステンデッドヴァージョン2本が収録されている。先月29日にはベースのクリス・バイオ(Chris Baio)がソロアルバム『Dead Hand Control』をリリースし、ヴァンパイア・ウィークエンド周辺がにわかに活気づいている。2021年は(元)メンバーたちの動向にも注目だ。

タイトルとURLをコピーしました