リル・ウェインとコダック・ブラック、恩赦直後に出したリリックが味わい深い

ニュース

ドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領から恩赦を受けたラッパーのリル・ウェイン(Lil Wayne)とコダック・ブラック(Kodak Black)が直後に新曲をリリース。リリックの中で恩赦について触れている。

リル・ウェインは、21日に新曲「Ain’t Got Time」を公開。「連邦捜査官は俺たちをホットにしたんだ、温度計で100度もだぜ。奴らはプライベートジェットに乗り込んだ。俺用のプライベートなやつさ。ジュース・ワールドよ、安らかに。2杯分書いておくよ(The feds, they hot on us, one hundred on the thermometer/They raided my private plane, I went got one that’s more privater/R.I.P. Juice WRLD, wrote that on two cups)」と、2019年にプライベートジェット内の銃所持で逮捕された時の様子をラップし、ジュース・ワールド(Juice WRLD)を追悼している。ジュース・ワールドは2019年12月8日に亡くなったが、銃器所持を通報されて警官がプライベートジェットに踏み込んだ際、薬を隠そうとして大量に服用したことが直接の死因とされる。

また「納得いかないぜ。生きてるのは死ねないからさ、FBIが俺をつけ回して逮捕するのはなぜだ?奴らは釘付けにできないからねじ込むんだ(And that just don’t sit right/Living like I can’t die, fumble with me FBI arrest me, why?/They can’t nail me so thеy just screw with me)」とFBIにも怒りをぶつけている。リル・ウェインは21日朝「トランプ大統領に感謝したい。私に家族や芸術、コミュニティに与えられるものがたくさんあると認めてくれた」とツイートしていた。

コダック・ブラックは自由の身になったことを祝う「Last Day In」を23日にリリース。曲中には「トランプは俺を解放してくれたけど、俺のお気に入りは札束の上にいる大統領さ。俺には大統領を嫌ってる奴らがよく見えるぜ(Trump just freed me, but my favorite president is on the money/All they hatin’ presidents has become evident to me」という一節があり、トランプ前大統領の実名を引用している。「on the money」は賭けが的中してぴったりという意味があり、ドル紙幣には歴代大統領の肖像が印刷されている。資産家のトランプが自分にぴったりだとも、単に金が好きだとも解釈できるラインだ。またコダック・ブラックが金を積んだことをほのめかしているようにも見える。

コダック・ブラックは以前「恩赦を受けられたら100万ドルをチャリティーに寄付するつもりだ」とツイートしていた。黒人のリル・ウェインやコダック・ブラックが、ブラック・ライブズ・マターを敵視するトランプに恩赦を求めることを批判する人々も多く、「大統領を嫌ってる奴らがよく見える」はコダック・ブラック自身の実感だろう。リル・ウェインと同様、コダック・ブラックもトランプ前大統領への感謝を表しており「学び、成長しながら(サポートしてくれた人に)恩返ししたい」とツイートしていた。なおコダック・ブラックには、依然として2016年にホテルで女性に性的暴行を加えた罪状が残っている。

タイトルとURLをコピーしました