大統領就任特番でのデイヴ・グロールのスピーチ

ニュース

バイデン(Biden)新大統領の就任を記念した特別番組「Celebrating America」にフー・ファイターズ(Foo Fighters)が出演。フロントマンのデイヴ・グロール(Dave Grohl)が、パフォーマンスに先立ってミニスピーチを披露した。

シアトルで幼稚園の先生をしているマッケンジー・アダムス(Mackenzie Adams)さんの紹介で、中継先のスタジオから出演したデイヴ・グロールは、マイクに向かって次のように話した。

「マッケンジー・アダムスさんの言葉は、もう1人の傑出した教師で、35年にわたって公立高校の教師を務めた、僕の心の特別な場所にいる母のヴァージニア(Virginia)のことを思い出させてくれました。マッケンジーさんやジル・バイデン(Jill Biden)博士のように彼女は良きメンターであり、卒業後も生徒たちは彼女のことをずっと覚えていました。今年、先生方は前例のない試練に直面しましたが、献身的に創造性を発揮して立ち向かいました。次に歌う曲は、日々揺るぎない信念でアメリカの子どもたちを照らし続けるマッケンジーさんと全ての教師に捧げるものです」

フー・ファイターズによる「Times Like These」のパフォーマンス映像は以下で視聴できる(38分38秒~)。

デイヴ・グロールの母親ヴァージニア・グロールは、2017年に自身の子育てとロックスターやラッパーの母たちへのインタビューを掲載した「From Cradle to Stage」を出版し、話題になった。「The Late Show with Stephen Colbert」に親子で出演した際の映像はこちらから↓

タイトルとURLをコピーしました