BBCサウンドオブ2021に選ばれたPa Salieu(パ・セリー)とは?

ニュース

イギリスBBCが選出するサウンド・オブ・2021の1位に輝いたガンビア系イギリス人のラッパー、パ・セリー(Pa Salieu)。

現在23歳のパ・セリーはイギリス・コヴェントリーで育った。昨年11月にリリースされたミックステープ『Send Them To Coventry』は2020年のベストラップアルバムの1枚とされている。投票者の1人であるBBCラジオ1のDJ・Annie Macはパ・セリーについて「英国に対するオリジナルな視点を持ち、彼の声からは友情や家族、暴力、排除、人種差別に関する彼の人生が透けて見える」とコメントしている。

ミックステープのタイトルは追放や絶交を意味することわざで、パ・セリーが「暴力にあふれた都市(COV: City Of Violence)」と呼ぶコヴェントリーでの生活がリリックにも影を落としている。

2019年夏に「Dem A Lie」がBBCデジタル放送1Xtraで取り上げられたことをきっかけに、フリースタイルやライブ出演を重ねてきたパ・セリー。グライム、ダンスホール、アフロスウィングなどUKの多様な音楽性を反映したトラックと巧みなフローに加えて、深みのあるボーカルも魅力だ。「俺は暴力的じゃないけど、俺が見た暴力について伝える義務がある」と話すパ・セリーの躍進に期待しよう。

タイトルとURLをコピーしました