「またね、ジェリー」ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが盟友の死を悼む

Gerry & The Pacemakers ニュース
ジェリー&ザ・ペースメーカーズ(右手前がジェリー・マースデン)

ジェリー&ザ・ペースメーカーズ(Gerry & the Pacemakers)のジェリー・マースデン(Gerry Marsden)死去の報を受けて、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)とリンゴ・スター(Ringo Starr)がSNS上で追悼コメントを発表した。

「ジェリーはリバプールの頃からの仲間で、彼のグループは地元で最大のライバルだった。『ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(You’ll Never Walk Alone)』や『マージー河のフェリーボート(Ferry Cross the Mersey)』のパフォーマンスは忘れられない」。「奥さんのポーリーンと家族にお悔やみ申し上げます。またね、ジェリー。笑顔の君をいつまでも覚えてるよ」とポールはコメント。投稿にはビートルズ(The Beatles)とジェリー&ザ・ペースメーカーズのメンバーがロイ・オービソン(Roy Orbison)とともに写った写真が添えられている。

またリンゴは「神様がジェリーを祝福してくれますように。彼の家族にピース&ラブ」とツイートし、続けて「ジェリー、ジェリー」と天国の旧友に呼びかけた。

リヴァプール出身のジェリー&ザ・ペースメーカーズはビートルズと並ぶマージービートの代表的なバンドで、「ユール・ネバー・ウォーク・アローン」はサッカー・リバプールFCの愛唱歌として世界的に知られる。フロントマンのジェリー・マースデンは1月3日、心臓の感染症により78歳で永眠した。

タイトルとURLをコピーしました