フー・ファイターズが新曲「No Son Of Mine」を公開

MEDICENE AT MIDNIGHT ニュース

フー・ファイターズ(Foo Fighters)が1月1日に新曲「No Son Of Mine」をリリースした。2月5日リリースの10作目のアルバム『Medicine At Midnight』に収録されているナンバーで、昨年11月の「Shame Shame」に続いて公開された。

バンドのフロントマンであるデイヴ・グロール(Dave Grohl)によると、新曲は「俺たちの中にあって、いつでも必要な時に取り出せるんだ」とのこと。歌詞の内容は「自己正当化するリーダーや罪を犯す人々の偽善を突くもの」とコメントしている。

またデイヴはSNSにもメッセージを投稿。「親愛なるみんな。ちょうど1年前に『Medicine At Midnight』のレコーディングを終えて、バンドの25周年を記念した大規模なワールドツアーを計画していたんだ。 でも、みんな知っているようなことになって・・・・・・それで俺たちは待った。待って、待ち続けた。そして最終的に気づいたのは、俺たちの音楽は聴いてもらうためにあるってこと。それは5万人のダチとフェス会場で聴くのでもいいし、土曜の夜に家で1人カクテルを傾けて聴いてもいいんだ。だから、もう待つのは終わりだよ」

最後に「2020年(ファックユー)にさよならしてカレンダーをめくる時に、新曲『No Son Of Mine』を鳴らして新年を迎えよう!ドリンクを注いで、音量を上げ、眼を閉じてフェスの会場がぶち上がるのを想像するんだ。なんでかって?絶対そうなるからさ!ハッピーニューイヤー!」と結んでいる。

グレッグ・カースティン(Greg Kurstin)とバンドの共同プロデュースによる『Medicine At Midnight』は2月5日リリース予定。収録曲は以下のとおり。

Making a Fire
Shame Shame
Cloudspotter
Waiting on a War
Medicine at Midnight
No Son of Mine
Holding Poison
Chasing Birds
Love Dies Young

タイトルとURLをコピーしました